today &andToday

ポートランド気分 3/28 木

近所のカフェ

春風の薄闇抱く匂ひかな

夕方になって近所を歩く。
薄闇に桜の花が散り、紫陽花の新芽が顔を出している。
久しぶりに歩いた道に小さな画廊がオープンしていた。
一年ぶりのカフェはいつものように営業中。

何でもない風景のどうということもない時間に、
ポートランドの夕刻が重なる。
思ったようにやるのがいいんだよと、
ポートランドの風が吹いていた。

桜の季節 3/21 木

チーズケーキ

花未だ心忙しき日々のゆく

バスク地方の美食の町、
サン・セバスチャンで親しまれているという
バスクチーズケーキをいただきました。

薫り高いコーヒーといただくか、
熱い紅茶と合わせるか、
日本茶とも相性が良さそうだけれど。

今夜は赤ワインで。
桜の季節の始まりに。

BELTZのバスクチーズケーキ。中はとろとろで濃厚。
お店の方によると、ブラックペッパやカイエンペッパなども合うそうです。

ホワイトアスパラガス 3/7 木

ホワイトアスパラガス

雪解けや白きものみな透き通り

空気の芯に春の暖を感じてほっとしたのも束の間に、
朝から冷たい雨。
ぶり返しの寒さは体に堪えますね。

食卓だけでも春気分にして、
きょうをスタート。

桃かな?桜かな? 2/21 木

桃かな?桜かな?

余寒にも膨らむものはありにけり

空気が温んできたなぁと思っていたら、
いつもの木に花がついていた。
いつも真っ先に春を告げるように花を咲かせる。

遠目に見ると桜のような、
でも、桃のようにも思えるし。

写真を撮っていたら、
桜ですかね? いやぁ、桃じゃないですかね?と、
後ろでおしゃべりが始まっていた。

豆まき 2/3 日

豆まき

福は内声だんだんと高くなり

子どものころは、
父が会社から帰ってくるのを待って、
家族全員で豆まきをした。

ふだんは恥ずかしがりな父が、
このときは「鬼は外」「福は内」と声を張っていた。

明日からの春のために、
今年も小声で豆を撒きました。

お断りがないときは、文と写真はmariyが、句はNozomuNの作になります。