today &andToday

10月末 10/30 水

ハロウィン

ハロウィンが一直線にやってくる

10月末にもなれば、
そろそろ寒くもなってきて、
夏用から冬用のブランケットに入れ替えたり、
セーターやマフラーの仕度を始めたり。

夏を仕舞って秋を迎えて、
ぼつぼつ冬の準備のころだけど。
きょうはまた暑さが戻ってきて、
半袖で町を歩く人も見かけるほど。

移ろわない季節のなかで、
ハロウィンだけが Boo〜 と自己主張

雨宿り 10/26 土

マロンパフェ

いくつか用事を抱えて銀座へ。
一つ片づけて、さて次はと歩き出したところで、
パラパラと雨が落ちてきた。

土曜日の銀座はたくさんの人で賑わっていて、
10月も終わりだというのに蒸し暑い。
きょうはこれでお仕舞いにしようしようと、
お久しぶりのカフェへ。

静けさに包まれた店内で、
この秋初の和栗のパフェと雨宿り。

エドワード・ゴーリー! 10/24 木

ワイン

秋黴雨(あきついり)人の秘密を閉じ込めて

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展へ。
久しぶりにゴーリーの世界にどっぷりとはまり込み、
描く不条理に甘くため息。

英語が母国語だったら、
作品に描かれた言葉のニュアンスを、
丸ごとそっくり理解できるのにと、
残念に思わずにいられない。

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密:練馬区立美術館で11月24日まで開催
隣接のカフェ「月の風」:公園が見下ろせる気持ち良いカフェでした

久しぶりの秋晴れ 10/23 水

青空

七十余金銀木犀今年又

朝からポカリと秋晴れ。
きのうまでの曇り空などなかったかのような、
あっけらかんとした青空に、
大きく一つ深呼吸。

どこからともなく金木犀の香りが漂ってくる。
冬までにはまだ少しだけ間があるね。

栗 10/19 土

栗

栗煮るや母の仕草のそのままに

オトナになって自分で栗を買うようになって、
美味しくいただくには、
時間が欠かせないと分かった。

半日ほどは水につけて、
茹でるか蒸すかで、小一時間。
それから冷めるまでにもしばしのガマン。

さて、いよいよ、となっても、
皮を剥くのにこれまた時間がかかる。
慎重に慎重に指を切らないようにゆっくり剥いて、
ようやくの一口。
むふぅ。今年の栗は甘くて美味しい。

短い秋になりそうだけど 10/18 金

しいたけ

着重ねて秋が空から降りてくる

長々の残暑からあまりに大きな台風が過ぎて、
急に肌寒くなった。

初秋を飛び越えて、
すでに冬の入り口にいるような空気が流れているけれど、
食卓に秋の恵みが訪れていた。

味覚から秋 10/1 火

チコちゃん

芝浦に芝浦の空鰯雲

栗やカボチャのお菓子が店頭に並び始めた。
さつまいもやきのこも秋本番の品揃え。
食欲の秋だねと母と笑い合う。

夏の暑さはしぶとく残っているけれど、
半袖は仕舞って、涼しい顔でやせ我慢。

丸の内仲通りでチコちゃん。かわゆい〜。
ラグビーも楽しみな秋。

お断りがないときは、文と写真はmariyが、句はNozomuNの作になります。