Portland365

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」

ユニークな都市開発が注目されはじめて、日本でも少しずつ認知度が高まってきたオレゴン州ポートランド。
そういうブームとは関係なく、観光やシゴトでたまたま訪れて以来、すっかりポートランドの魅力にはまってしまったよという人にも、あちこちで出会う。
出会うと言っても、ネットや書籍を通して知るなどの一方通行だけれど。

緑あふれるポートランド

そういう出会いの一人に、百木俊乃さんがいた。
広告企画事務所の運営などを経て、2013年にポートランドに再移住し、以来、ポートランドを中心としたオレゴンの魅力を、ブログ「365Portland.com」やツイッターで発信していた。

ポートランドに行きたくなる365の理由をコンセプトに綴っていたブログには、セントラルオレゴンドライブのルポや、キャンプの情報など、私たちが知らないポートランドがたくさん紹介されていた。

百木さんのホームページで、ポートランドのダウンタウンに事務所を構えていることを知り、いつか会いに行きたいと思っていた。そうして、できればビールを一杯やるくらいのお友だちの一人になれたらいいなと願っていた。

でも、来年こそは百木さんの事務所のドアをノックしようと思っているうちに、百木さんは逝ってしまった。

百木さんが教えてくれたことは、大変でも困難でも、やりたいことをやるのがいいのだという生き方だった。
百木さんも、ポートランドに移住するためにはビザの手続きやシゴトの継続やお金の問題や大変なことがたくさんある、でも、病気を経験して、やりたいことをやろうと思ったと書いていた。

書籍「緑あふれる自由都市ポートランド」

365Portland はしばらく後に閉鎖されてしまったけれど、百木さんが上梓した、「緑あふれる自由都市ポートランド」では、百木さんを通したポートランドを見ることができる。