today &andToday

梅雨明け 7/29 月

ひまわり

若人の汗の輝き雲の峰

関東地方もようやくの梅雨明け。
なかなか明けない梅雨空に、
気分は夏に向かって盛り上がっているけれど、
イキナリ猛暑で、
体は置いてきぼり。

言われてないだけで 7/26 金

公園

木下闇闇厭ふ身でありにけり

梅雨明けの宣言はまだ出ていないけれど、
十分明けているような日差しに、
セミもジィジィ鳴き出した。

台風雨も来ているけれど、
そろそろ夏空が優勢になってきましたネ。

きのうまでとは暑さが違う 7/24 水

かき氷

炎天や身体組織を立て直す

九州、四国、近畿、北陸でようやく梅雨明け。
東京も梅雨が明けたような炎天。

きのうまでの蒸しっとした暑さから、
きぱっとした暑さへ。
かき氷の補充をしておかなければと頭にメモメモ。

混ぜご飯 7/23 火

混ぜご飯

混ぜ飯の差し入れ旨し夏の夢

去年の大暑は39度だったと天気予報で言っていた。
30度のきょうが、去年よりもましだったかと言えば、
やっぱりそれはそれとして、あじかったですね。

甘酢漬けでカンタン混ぜご飯。
甘酢のミョウガを刻んで、シャケと炒り卵とゴマと。
枝豆も散らして、夏の色。

夕涼み 7/21 日

夕暮れの公園

夏の夜はティンカーベルが飛んでくる

寝坊して何となくぼんやりの日曜日。
投票のあとは、
久しぶりに手に取る作家のミステリを読んだり、
散歩に出たりの静かな一日。
日が落ちた公園に涼しい風が吹いていた。

お先に夏気分 7/20 土

ビール

水茄子や午后の渇きはいや増して

梅雨とはこういうものなのだと言わんばかりの
曇り空が続いている。
梅雨入りしてから太陽の出番なしという感じ。

そろそろピッカリのお日様の下で、
ぐいとビールを飲みたいけれど、
お日様がお休みでも、
冷たいビールがンマイ季節になってきた。

The Open 7/18 木

トーナメント

夏負けや名手らのゴルフ眩しくて

今年最後のメジャーが始まった。
土砂降りのなかウッズがスタートした。
松山選手は間もなく18番をホールアウトするところ。

朝6時から夕方4時過ぎまで、
11分間隔でスタートしていく。
一日のなかに四季があると言われるほど
変わるお天気のなかで、
どの時間帯にプレイするかで結果が左右することもある。

フェアプレイのスポーツだけれど平等の条件とは言えない。
それらをそっくり受け止めて、あるがままをプレイする。
ゴルフってやつは。
ホントに魅力的。

甘酢漬け 7/17 水

甘酢漬け

酢をとうべ地のものとうべ夏とうべ

久しぶりに日差しが出て、
夏気分に拍車がかかる。
今年は梅雨が長かったので、
夏のあれこれが待ち遠しい。

フライング気味だけれど、
今夜は甘酢漬けで夏の味。

傘も持つけどネ 7/16 火

少年

雨傘を振り回してる夏の道

降っているのか止んでいるのか分からないような、
細かい雨がさらさらと落ちてくる。

傘に跳ねる雨音も気持ち良いけれど、
傘をささずに歩くのも気持ち良かったんだと、
少年を見て思い出した。

海の日 7/15 月

運河

列島の子らしょげて海の梅雨寒

去年の海の日はものすごく暑い日で、
とても海には行かれなかった。
今年は梅雨寒で、やっぱり海には行きにくかった。
うーむ。

近所の運河でせめて海の風。
きょうはヨットも寒そうでした。

お盆 7/14 日

コーヒー

父迎ふフレンチプレスの夏茶碗

お盆の時期が二つあることを知ったのは、
社会人になってからだった。
(調べてみたら、実際には三つの時期があるようでした)

我が家のお盆は、新暦の7月盆。
夕べの母のメールに、
お迎え火を焚いて、
我が家伝来のかつおの甘煮をお供えしたとあった。

きょうは、コーヒー好きの父を思い出しながら、
いつもよりも丁寧にコーヒーを煎れました。

雨の季節 7/12 金

雨

梅雨の暮ポートランドを恋ふてをり

梅雨らしい雨が続いている。
今年は夜半に降ることも多くて、
静かな夜の雨の音が気持ちいい。

豪雨にもなり慈雨にもなる雨を、
手放しで好きだと言いにくくなってしまったけれど、
今年の梅雨は、ポートランドの雨を思い出させる。
だから長引く梅雨の季節は、そんなに悪くないです。

梅雨入り 6/7 金

雨

ついりかしこのひとときを花の色

関東甲信、北陸、東北地方南部が梅雨入り。
日本は雨の季節に入ってきた。
久しぶりの雨音が耳に心地よい。
今年は雨の日をたくさん歩こう。

お断りがないときは、文と写真はmariyが、句はNozomNの作になります。