andTodaytoday &

海辺の町で(511) 11/29 火

ラムレーズンのパウンドケーキ

さえぎるは草木ばかりや冬の南風はえ

予報通りの荒れ模様のお天気でしたね。
南風がゴーゴーガタゴト音を立てて吹いています。雨も夜に入ってそろそろ降ってきた気配がします。
ちょうどよいブレイクな日。

そんな休養日に、一切れ残しておいたラムレーズンのパウンドケーキをいただきました。
南風に、しっとり甘いパウンドケーキが合うなぁと思いました。

海辺の町で(510) 11/28 月

IROU

いろふ〉てふ月満ち欠けの土の店

ご近所のお店に行ってみました。

〈IROU 艶ふ〉
新月から満月の期間だけ営業している器屋さんです。
月の残りの期間は、買い付けや撮影や次の展示の準備などなさっているそうです。
気持ちのよい佇まいのお店でした。

毎月テーマが変わるそうで、今月は「もっとクリスマス」でした。

IROU
IROU

〈IROU〉からの帰りに、直売所〈菜鮮箱〉に行きました。
ピンとした顔つきの野菜たちのほかに、たまごやお米、蜂蜜、手作りのお味噌、スコーンやシュークリームや珈琲豆など、美味しそうなものが所狭しと並んでいます。
必ずしも安くなくて、それもいいなぁと感じました。

菜鮮箱

冬の日ゆ〈菜鮮箱〉に青物は

菜鮮箱

〈IROU〉でいただいたお皿と、〈菜鮮箱〉のラディッシュ。
よい器と新鮮な野菜。あまりに贅沢さん。

IROUのお皿と菜鮮箱のラディッシュ

海辺の町で(509) 11/27 日

渚のファーマーズマルシェ

短日や海のマルシェに永き日を
〈エゾノコ陶器〉さんの塩壺。心惹かれる。

〈渚のファーマーズマーケット〉に行ってきました。
ポートランドの〈ファーマーズマーケット〉と〈サタディマーケット〉を足して、規模を半分の半分の半分くらいにしたような、とても楽しいマーケットでした。
90店舗ほどが出店していました。

渚のファーマーズマルシェ

ポインセチアで作ったクリスマスツリーも素敵でしたが、インディアン居留地にあるようなツリーが可愛らしかったです。

地元や近隣の農家さんの野菜がイキイキと売られていました。

渚のファーマーズマルシェ

野菜やカレーやベーグルやタイ風焼きそば、クリスマス用の木の実のバスケット、蜜蝋キャンドル、ピーナッツの蜂蜜漬け、シュトーレンなどなど。おしゃべりしながら楽しく買い物しました。

渚のファーマーズマルシェ

〈HANAP〉さんの「ピーナッツの蜂蜜漬け」です。ラム酒に合いそうです。

渚のファーマーズマルシェ

いすみのカフェ〈PUESTO〉さんのカンパーニュサンドイッチ。
東浪見の農家さん〈さいのね畑〉の無農薬野菜を使っているとのこと。
パンも野菜もものすごく美味しかったです。

きょうの海は波が高くて、日曜日ということもあり、午後になってもサーファーの人たちがたくさんいました。

一ノ宮海岸

海辺の町で(508) 11/26 土

ランチ

町ひとつ山茶花さざんか時雨しぐれ過ぎにけり

今朝は土砂降りの雨音とカミナリさまで目が覚めました。
お昼を少し過ぎたあたりまで、ドシャドシャゴロゴロと昔の夏の夕方の土砂降りのようでした。
ひゃーひゃー言っているうちに、いったん静かになったのですが、そのあともときおり雨がザバザバと降ってきて、買い出しに行くのをやめて、家に居ることにしました。

ランチにサッポロ一番塩ラーメンをと、残っていた最後の白菜3枚とにんじんと、冷凍していたキノコと豚バラで中華スープを作っているうちに、そうだそうだと思い出しました。〈房総つけめん〉さんの麺があったことを😄。

サッポロ一番をやめて、〈房総つけめん〉の麺でいただきました。ちょっと伸びた風になっていましたが、おいしーでした。もぐもぐ。

海辺の町で(507) 11/25 金

ブランチ

東京のクロワッサンを冬ねぐら

冷蔵庫がほぼ空に近い状態ながら、覗いてみるとまだ一日か二日はなんとかなりそうな感じで、ほかにこの間に冷凍したものなどもあり、きょうはそれらをいただく日にしました。

そんな日のブランチは、じゃがいもとインゲン豆をジジジと焼いたもの。目玉焼きつきです。
クロワッサンはきのう〈ムスブ〉の〈メゾンカイザー〉で買ってきました。


ポートランドダウンタウンの〈Pioneer Courthouse Square〉に、今年もクリスマスツリーが飾られました。
「In celebration of its 38th holiday season.」とのこと。11月25日に「38th Annual Tree Lighting」するそうです。
(@thesquarepdx インスタグラム)

うーん、羨ましいですが、日本も。
丸の内〈KITTE〉のクリスマスツリー。たぶんこちらは10周年かも。

KITTEのクリスマスツリー

海辺の町で(506) 11/24 木

ヴァロットン展

冬晴れやヴァロットン展くぐり出て

「ヴァロットン 黒と白展」を鑑賞しました。
版画とは思えない細かい描写に魅入られます。
ノワールの神秘と微かに不気味さと、でもよく観るとむふと笑えるチャーミングさも宿っていて、なんとも魅力的でした。

三菱一号館美術館は、この美術展が閉幕すると改修のための休業に入るため、きょうはゆっくりと館内を巡りました。

中庭ではいつもと変わらずに薔薇が香っていました。

三菱一号館美術館中庭の薔薇

三菱館中庭にあるバラの冬

海辺の町で(505) 11/20 日

apero

雨の夜の品定めしつ燗の酒

海外ドラマに少し飽きてきたかなと思い始めていましたが、忘れていました。封印していたドラマがありました。『BOSHE』シリーズ。
今朝の日経に『BOSHE』シリーズのことが出ていて、おぉーそうなのだそうなのだと、ついに鑑賞し始めました。

プライムビデオに登場したころに2話だけ観ていたのですが、ものすごくハマりそうだったので封印していました。
あらためて観始めて、映像の美しさに惚れ惚れしています。

『BOSHE』シリーズは本を読んでいても、つられてバーボンなど飲みたくなりますが、ドラマもやっぱり飲むシーンが魅力的でマズイコトです。

夕べの夕食前の一杯。まだ『BOSHE』を観る前ですが。
チーズとハムと〈EKiSTA〉の市場さんが焼いたバナナブレッドで、赤ワインを軽く一杯。夕方でしたが、もうとっぷりと暮れていました。

海辺の町で(504) 11/19 土

洗濯日和靴干し日和

靴干しの軒下ゆると神渡し

ポカポカ陽気が続きますね。ベランダに出ると背中がぽっかぽかになって気持ちよいです。狭いベランダですが、小さな椅子を出してお茶など飲むのもいいなーと思いました。

動画作成や公開などのノウハウをいくつかのウエブサイトで学び始めました。動画編集のスキルを身につける必要がありますが、その前に全体のデザイン(構成)をどのようにするかだなぁなど思いながら、商店街までお散歩しました。

どのお家も洗濯物やウエットスーツが軒下に干されていて、まさに洗濯日和。
そんななかで、子どもの運動靴が^^。靴干し日和でもありました。

ekistaのカフェオレ

〈EKiSTA〉さんで。熱々のカフェオレの優しい味にほっとします。

海辺の町で(503) 11/18 金

虎屋の羊羹

冬障子開ければ虎屋夜の梅

小春日和の気持ちのよい一日でした。
東京行きの疲れが一拍遅れて😅出てきたようで。。今朝は久しぶりに大寝坊しました。

きょうは編み物をしてゆっくり過ごしました。今は買い物用の手提げバッグを編んでいて、編み終えてもあと二つ編みたいマルシェバッグがあり、むははと嬉しくなっています。

そんな日のおやつに、〈虎屋〉の「おもかげ」をいただきました。 「夜の梅」も「おもかげ」も、やっぱり〈虎屋〉の羊羹は美味しいなぁと思いました。

海辺の町で(502) 11/17 木

チェダーチーズバゲット

手続きのあれこれの日を花八手はなやつで

曇り空の合間からうっすらと差す日がほの暖かい日でした。
いくつか手続きと、ついでにサブスクリプションの見直しの続きなどあれこれ。

そんななかで、大橋歩さんの立ち上げた〈イオグラフィック〉が年内でクローズするとのことで、しばらく前に大橋歩さんは引退なさっていたのですが、ブランドもなくなることがわかり、さみしいことです。
「大人の女性が似合う服」をコンセプトにしたブランドで、ちょっと尖りつつ、オトナカワイイ洋服や小物を扱っていて楽しいショップでした。

そんな今昔ボーダーのような日のブランチに、〈アンデルセン〉のチェダーチーズのバゲットを温めて、ハチミツをかけていただきました。

〈アンデルセン〉もそうですが、ずっと続いてほしいブランドがあるなぁと感じる日でした。
でも、馴染んだものと新しいものが混在するのもいいかもしれないなーとも思いました。

海辺の町で(501) 11/16 水

ご近所のバラ

薔薇よ薔薇の地冬薔薇ふゆばらおうなりや

久しぶりに芝浦の朝を歩いていると、やっぱりここはホームだなぁと感じますが、こちらに戻ってきて、アパートまでの道を歩いていますと、ここももうすっかりホームになっていることを感じます。
運河の町も海辺の町も。どちらもよい処に住むことができて幸せです。

芝浦では、久しぶりに〈くまざわ書店〉併設の〈スターバックス〉でまったりしました。
カフェの店頭がすっかりクリスマスモードになっていて、あれこれ買いたい気分がむくむく。

〈くまざわ書店〉をたっぷりブラウズしてあれもこれも読みたい気持ちをなだめて、2冊だけ買って帰りました。
まだ読んでいない本が、たぶん全部は読みきれないことがわかっているのに、どうして新しい本を買ってしまうのかと思いますが、本を我慢するのはとてもむつかしです。

カプチーノとお菓子

▲カプチーノとラズベリのお菓子。
「このお菓子にはクリスマスブレンドも合いますよ」と小さなカップのサービスつき。

お断りがないときは、文と写真はMariYが、句はNozomNの作になります。