todayicontoday &

海辺の町で(94) 7/27 火

網戸に引っ掛かったカナブン

雷が雨とカナブン撒き散らす

夕べは深夜に雷雨となり、台風8号がじわんと近くに来ていることがわかりました。
今朝、雨は上がっていましたが、風がとても強くて、風に飛ばされてきたカナブンが、寝室の網戸にサカサマに引っ掛かっていました^^。

あまりに風が強いので、風を撮りに外に出てみました。

風に煽られる草

草いきれ吹き払い風征きにけり

流れる雲

雲がぐんぐん流れていました。


午後から、サーフィンの決勝戦を観戦しました。台風8号の波が押し寄せる様子はコワイほどに美しかったです。あんな風に波に乗れたら本当に気持ちよさそうだなぁと思いました。
お昼間に大阪なおみ選手の3回戦も観戦しました。木曜日からのゴルフも楽しみです。

プラムと葡萄とパウンドケーキ

観戦の今朝のすももの色充ちて

おやつのような朝ごはん。
今朝は、休日の朝のような気分でした。

today &
お断りがないときは、写真と文は MariYが、句は NozomN の作になります。

7/28 wed.

書類シゴトの日。おやつが欠かせない。

【クレジットのホント】原稿にクレジットを入れることについてとても注意を払ってきたけれど、それだけじゃ足りなかった。ノン・クレジットされても騒がない謙虚さが大切だった。
カチョーじゃないけど、カチョーへの道は山あり谷ありダ。〈クレジット〉快適カチョー生活・辞典へ

【「じつは」はムツカシ】「じつは」という言葉がいつからか使いづらくなっていた。「じつは」と言った瞬間に意味深に聞こえてしまうようで、あ、いや、それほど意味があるわけジャないんで、と頭を掻きたくなる感じ。
考えるべきは「伏線」であったかと、その構造に触れた思い。
しましまた、この項の本質は「存在のふち」やもしれず、一粒で二度三度のエッセイであります。〈縁(えん)も縁(ゆかり)も〉草稿ノートへ

【捨てるはムツカシ】片付けがまあまあ得意だと思っていたけれど、いつのころからか満足的な片付けができなくなった。〈衣替え(ころもがえ)〉を読んで、捨てられないからだとわかった。愛着があって捨てられない。
NozomNの「衣替え関連基本方案」の第二案。「『このごろ必要なもの』を大体出しておく」なら出来るかも。〈衣替え(ころもがえ)〉NozomNの書斎からへ

カメラマン関川真佐夫さんの「夏のポストカード」と「一筆箋」を販売中です。
手元に持っているだけでも嬉しくなるようなカードがたくさん揃いました。

menu