365 Portlandportland365

セルウッドのDecemberville

2019/12/05

tiledからのお知らせ

セルウッド(Sellwood)の〈Tilde〉オーナーのDebbe Hamadaさんから、12月7日土曜日の「Decemberville」に「全商品15%オフのセールスをやります!」というメールが届きました。
続きはこちらからご覧ください

ポートランド滞在の準備を始める

2019/11/15

beaverton公園

来年のポートランド滞在に向けて、準備を始めました。ここ数年のポートランドの夏はとても暑くなっていて、できれば真夏は避けたい。
続きはこちらからご覧ください

「365Portland」について

ポートランドの薔薇

『365Portland』は、百木俊乃さんが発信していたブログタイトルでした。百木さんは広告代理店勤務、広告企画事務所の運営などを経て、2013年にポートランドに再移住し、以来、ポートランドを中心としたオレゴンの魅力を、ブログやツイッターで発信していました。

ポートランドに行きたくなる365の理由をコンセプトに綴ったブログには、セントラルオレゴンドライブのルポや、キャンプの情報など、私たちが知らないポートランドがたくさん紹介されていました。

百木さんのホームページで、ポートランドのダウンタウンに事務所を構えていることを知り、いつか会いに行きたいと思っていました。そうして、できればビールを一杯やるくらいのお友だちの一人になれたらいいなと願っていました。

でも、来年こそは百木さんの事務所のドアをノックしようと思っているうちに、百木さんは逝ってしまった。

百木さんが教えてくれたことは、大変でも困難でも、やりたいことをやるのがいいのだという生き方でした。百木さんも、ポートランドに移住するためにはビザの手続きやシゴトの継続やお金の問題や大変なことがたくさんある、でも、病気を経験して、やりたいことをやろうと思ったと書いていました。

百木さん最後のお仕事になったであろう『緑あふれる自由都市ポートランド』では、百木さんを通したポートランドを見ることができます。後書きに「取材・執筆時は冬の雨期にあたり、個人事情も重なって作業は難航した」とあり、上梓は2018年8月3日となっています

『365Portland』は百木さんが亡くなってしばらく後に、パートナーの方のご挨拶とともに閉鎖されました。

私たちは、百木さんへのオマージュを込めて、私たちのサイトの一角に「365Portland」を設営することにしました。もとより百木さんのような鮮烈な取材や写真を提供することはできませんが、少しずつポートランドの魅力を積み上げていければと思います。

MariY

*文中のリンクは、この本についてのノート 「NozomN note」に飛びます。こちらもぜひご覧ください!