today &andToday

大寒 1/20 月

夕方の銀座

灯灯しの銀座が地元寒烏

大寒の銀座は風もなくて、夕方になっても寒さ知らずの穏やかな一日だった。 冬の最後の節気が過ぎて、ここから春までもうひと息。

氷雨 1/18 土

お汁粉

餅所望汁粉屋のない芝浦

今にも雪に変わりそうな冷たい雨粒が、降るでもなし止むでもなしといった様子で降り続いている。
お昼には止む予報だったんだけどな。大浮世絵展に行きたいけれど、久しぶりの激寒の空に踏み出す勇気が出なくて、お汁粉を作って温まっています。

仕事仲間との同窓会 1/10 金

レコード

昔日の仲間集ひぬ冬の旅

今と昔を行ったり来たりしながら会話が弾んでいく。馴染んだレコードを聴いているような安心感に包まれて、たくさんのことを教えてくれた素敵な人たちと出会っていた自分に感謝。

& tomorrow 加わりました 1/9 木

寒椿

雨上がりの一瞬の日差しに向かう花に見取れるばかり。

新コンテンツに & tomorrow が加わりました。
年末調整のフィニッシュに気を取られている間に、NozomNからいくつか原稿が上がっていました。少し遅れをとってしまいましたが、新たにページを作りました。

Chasing What? 1/1 水

マティスを追いかけて

子年明く此処よりキャッチャー・イン・ザ・ライ

『マティスを追いかけて』は、間もなく60歳になるジェームズ・モーガン氏が、妻のベスとともに、マティスの人生を辿る旅に出る記録です。

自宅を売り、家財道具のいくつかをクルマに詰めこんで、アメリカからフランスへ、イタリアはコルシカ島へ、モロッコへ、そしてフランスへと、一年以上をかけてマティスの足跡を追いかける。

たくさんのモノやコトを手放して、でも本当にやりたいことのための時間を手に入れる。なんて勇気だ!なんて自由だ!
私も、2020年は好きを追いかける一年にしよう。

お断りがないときは、文と写真はmariyが、句はNozomNの作になります。